2018年07月21日

『映画「炎神戦隊ゴーオンジャー」予告の予言 東北地震は7/22以後!?』

映画の公開日には、映画で描かれたシンボルの事件・自然災害が発生します。それを予告から読み解くことで近未来の予見できます。

 『炎神戦隊ゴーレンジャー 10Years Grand Prix』は公開日は7/21です。スーパ戦隊シリーズです。10年後、ヒューマンワールドは平和になりましたが、ゴーオンジャーがテロリストに認定されてしまいます。大ピンチです。どうやって誤解を解いて、ヒーローに戻れるでしょうか。

 1分の予告のシンボルを見ましょう。

 爆発→団地と塔N→駐車場→部屋で縛られる→大臣→空にビーム砲・廃墟の家か車→夜の男女→コンテナ→→射殺許可→おもろいおばさん→工場爆発

 だいたいこんな感じです。自然災害と重要なシンボルだけ意味をみましょう。

団地と塔N→団地は大阪か青森か、アフガンで、そこで小さな地震。
空にビーム砲・廃墟の家か車→大地震です。7/22-23頃です。
コンテナ→日本の地震でM4-6です。余震の可能性が。
射殺許可→7月末から8月初旬に警察の射殺が2つ出てきます。

 解読します。7/21に大阪の地震か団地の事件です。翌日頃に、東北で大きな地震です。7/23に強い余震です。で、警察が犯人取り押さえのために銃を使います。工場が爆発します。

 7/22-23に東北で地震とわかりました。東北の危機の日がわかったのは、ゴーオンジャーのおかげです。
posted by たすく at 09:26| Comment(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

『防弾少年団のミュージックビデオ「FAKE LOVE」の予言。徹底解説。台湾のあとに青森大地震!?』

 音楽ビデオ、映画にはシンボルが描かれます。それを解読すると、災害を知ることができます。今回は防弾少年団、略称BTSの「FAKE LOVE」(Youtube)に挑戦しました。

 暑い夏にはさわやかな音楽に限ります。韓国の若い男子5人組のダンス・ミュージックです。この曲が入ったアルバムは全米チャートNo.1と快挙を達成しました。これはそのメインの曲で、シングルで上位20位内に入るほど人気でした。

 ビデオは5人組男子が腕と渦の白い彫刻の前で、踊ります。それぞれがさびれた空間で奇妙な体験をします。どんなシンボルが登場したでしょう?

 街灯にユリが入ってます→オレンジ色のカーテンと男→走るポーズ・影絵→骨服・黒白豹→強風→吊り輪とコンテナ→ゲーセン・メリーゴーランド→扉の外で金属筒→洗面所に黄色→街灯に砂→緑の部屋で走る→階段のように床が落ちる→青い街角→トンネルに四角い窓の光多数→コンテナ→鏡→ピアノと男→赤子の壁画→スニッカーズの山→床下から覗く→青い部屋→洗面所の水玉→滝、砂 蝶のよう→洪水の部屋・火災→青い部屋→四角い光の部屋→壁に文字→服かけ4つと黒いマントの老人。

 示唆に富みます。全部とりあげ、完全解説します。

街灯にユリが入ってます→ユリが咲く頃です。
オレンジ色のカーテンと男→羽曳野市付近で男子の事件
走るポーズ・影絵→逃亡犯 上に同じ。
骨服・黒白豹→骨がみつかる。
強風→台風がくるのは7/30前後です。時期がわかりました。
吊り輪とコンテナ→列車事故、日本の地震
ゲーセン・メリーゴーランド→仏の事件。ゲーセンは猪名川イオンです。
扉の外の男と金属筒→夜中に忍び込む男。ストーカーがへまします。
洗面所に黄色→汚れます
街灯に砂→灯台の形に似ます。ニューギニアの地震です。
緑の部屋で走る→大阪市南部の事件
階段のように床が落ちる→メキシコの地震
青い街角→アーチに見えるので神戸の事件
トンネルに四角い窓の光多数→台湾地震のシンボル
コンテナと鏡→日本の地震
ピアノと男→ミュージシャンの事件
赤子の壁画→赤子関係で事件
スニッカーズの山→お菓子でこれか、この形のアイスを食う。
床下から覗く→誰かします。
青い部屋→青は私をさします。私のいる地域で何か
洗面所の水玉滝、砂 蝶のよう→蝶ではなく蜂の襲撃です。大地震前のシンボルです
洪水の部屋・火災→大津波です。8/11頃の青森県沖地震
青い部屋→顔を覆うフリは泣く男で、私の家のことです。
四角い光の部屋→台湾の地震
壁に文字→SAVE MEとあります。助けてというメール。
コートかけ4つと黒いマントの老人→私はほぼ同じものを1つもってます。近所で老人に何かが起きます。透視ではときわ台です。

 長いです。ファンの数だけ増やしました。ざっと流れをみてゆきます。地名は地震の発生エリアです。7/30に台風がきて、列車事故です。すぐ日本の地震です。しばらくしてニューギニア(他のビデオではここにバンダ海が入ります)で、メキシコがつづきます。台湾でやや大きなものがあり、日本で小さなもの。ミュージシャンの事件、蜂の襲撃が起きます。すると、8/11頃の青森県沖がきます。直後に、台湾です。

 最近、列車事故のサインはよくみかけます。透視すると、アフリカ東でした。また台湾が青森の後にもあると、このビデオのおかげでわかりました。

 このビデオは7月末から8月前半の出来事が予見されていました。ポイントは、台湾の後に青森ということです。8月5-10日に台湾でM5が起きたら、青森、特に八戸からは逃げましょう。

 さすが防弾少年団です。災害のシンボルが的確に表現されています。なかなかできることではありません。国を守る気持ちが伝わってきました。
posted by たすく at 09:44| Comment(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

『中国映画「阿修羅」が大コケ。ケリー・クラークソン「Love So Soft」にも阿修羅。東北大地震がまもなく!?』

 今朝のニュース『中国最大の超大作が大コケ 映画『阿修羅』、初週で公開停止』(AFP)。やっちゃいました。現金払いの下請けだけが儲かったのでしょう。阿修羅とはたくさんの顔が横に並び、一周する頭をもつ人物です。

 私は覚えていました。ケリークラークソンの『Love So Soft』(Youtube)にも阿修羅が登場するのを。そのビデオには東北地震のサインがありました。阿修羅は1:55-2:07に映ります。このしばらく後、2:18に部屋が爆発します。その爆発のさなか、2:22は気球の中にいるようシーンもあります。

 爆発するのは、岸壁の上に立つ家です。これは東北の地震サインです。しかも、気球という北海道のサインもあります。阿修羅が人々の意識に上ったあとに、東北の北のほうで大きな地震があると読めるビデオです。まもなく、そうなるかもしれません。それは、明日か、2-3日か、遅くとも1週間以内でしょう。

 阿修羅にビビッときました。
posted by たすく at 09:26| Comment(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

『映画「未来のミライ」の予告の予言--7/23頃に日本で強い地震!?』

 映画の予告には公開日から数日間に起きることが、シンボルという形で描かれています。それを解読すると、近未来が見えます。

 今回、これを解読するのは、7月の日本の大地震、7/23 M6.5 岩手県沖が予見されているかを調べるためです。

 4歳の男の子くんちゃんが、未来からやってきた女子高生の彼の妹ミライと出会い、いろんな所へ冒険します。母親やじいちゃん、先祖などとの人間らしい愛情が伝わってくるストーリーです。バケモノの子の細田守監督らしい風来坊も登場します。

 さて、予告3(Youtube)のシンボルです。一部省略
 女子高生→白と青い線→田舎都市→落ちる女性→西洋庭→木のベンチに男→本棚→洗濯物落ちる→馬と男→ツボ→→トンネル→→熱帯魚→エスカレーターと駅→バイク→→都市ビルに砲

 多いので省略しました。シンボルの意味は? 地震と私に関係ありそうなのをピックアップ。
女子高生→やばいです。
白と青い線→氷ですから、太平洋北の地震?
田舎都市→日本の町の地震
落ちる女性→東京でビルから落下のサインですが、地震と関係
西洋庭→南国の地震
木のベンチに男→多田の大店のベンチに似てました。
ツボ→インド北西部の地震
熱帯魚→バンダ海付近の地震
都市ビルに砲→日本で強めの地震

 地震のみ解読します。7/20-21にM4の地震が日本のどこかで。オセアニアでM5-6。7/21-22に多田で私は変な男を見る。インド北西でM4-5。7/22-23にバンダ海で地震があると、日本で強い地震は夜らしい。

 細かくたくさんあります。やはり7/23頃に強い地震はありそうでした。
posted by たすく at 09:01| Comment(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

『7月13日 M6.4 バヌアツ。バヌアツの法則で日本に大地震。4割の確率で7月19-21日に日本M6以上』


 7月13日に M6.4 バヌアツがありました。バヌアツといえば…、『バヌアツの法則』というものがあります。バヌアツに大きな地震があると、連動して、数日後に日本にも大きな地震が起きるというものです。6-7割の確率のようです。
 うさんくさい法則です。で、データ解析でパターンをみつけることが得意な人間AIこと私オオノが本当に、そんな法則がみつかるかを調べました。

 バヌアツの法則は妥当か?
NAVERまとめに『バヌアツの法則』に、連動したものが多数明らかにされています。バヌアツM6以上のあと、日本でM6以上か震度4以上は、かなりのケースでみられます。2012年は平均5日後です。2013年は9日後が多いです。

 以下は私が地震記録から抽出して調べました。日本の地震はM6以上です。

 2016年は
4/6 M6.7、4/7 M6.7-- 4/14 M6.5 熊本
4/28 M7--なし
6/19 M6.3--なし

2017年は
5/2 M6.8-- なし
9/21 M6.4--9/27 M6.1 岩手県沖

 こんな関係でした。バヌアツの地震が少なくなり、その後に日本で大きな地震も発生しなくて、すっかり最近は忘れ去られていました。2016年以降は、2ケースのみです。3ケースでは何もありませんでした。現在、バヌアツの法則通りになる確率は4割です。しかも、6-8日後です。

データが少なく、これは法則として成立するかも疑問です。たまたまそうなるだけかもしれません。経験則なら通用するでしょう。その程度です。

せっかく統計をだして、明らかにしたので、更新します。

2018年現在のバヌアツの法則とは、
「バヌアツで強い地震のあと、日本で発生するのは4割で、6-8日後です。」

新バヌアツの法則を7月13日 M6.4 バヌアツにあてはめます。

 7月13日の6-8日後は、7月19-21日です。この期間に4割の確率で日本でM6以上があります。

参考『バヌアツの法則?バヌアツで大地震発生の後は、日本でも大地震が発生するという謎の連動』(Naver まとめ)

なんとも・・・ アマチュアくさい議論(データ少なすぎて…話にならない)になりました。もっとデータ量を増やして、太平洋プレート周辺の地震の連動を徹底的に明らかにしないといけませんね。

posted by たすく at 09:03| Comment(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

『「BLEACH」予告の予言--7月20日公開。その数日後に大きな地震か!?』

 映画の予告には公開日から数日に起きることが、シンボルの形で現れています。それを解読すると、未来を予言できます。

 「BLEACH」とは、少年ジャンプの連載の大ヒット漫画です。幽霊が見える高校生黒崎は、人の魂を食らう巨大な悪霊「虚」と偶然出会い、襲われます。で、戦います。その結末はいかに。
 霊能者として一言。人・動物の魂は「脳」だけは天国が保護しますから、残ります。すべての人は永遠に生きられます。現実は魂を食われて、無になることはありません。この映画は、赤と白の車体の京阪バスが登場すると話題になりました(枚方つーしんより)。公開日は7月20日です。
 
 さて、特別映像のシンボルは?
 炎--剣士--巨大な蜘蛛男--京阪バス--橋の下に落書き--若い女性が土手に--弓矢--車転倒--瓦礫の町--しろい着物の男--長毛の女-竜巻?

 シンボルの意味は
炎--火事、飛行機事故?
剣士--剣道稽古か試合中に怪我
巨大な蜘蛛男--蜘蛛がニュースに
京阪バス--京阪バスに何かが
橋の下に落書き--そこで何かが
若い女性が土手に--私の交通事故はこれが多いです
弓矢--そんな事件
車転倒--交通事故
瓦礫の町--日本の地震
しろい着物の男--
長毛の女-竜巻?--竜巻がおきる

 解読します。7/20に火事があり、1-2日後に蜘蛛と京阪バスのニュース。2-3日後に弓矢の事件、交通事故、日本の地震があります。

 7/22-23日に日本で強い地震があると読み取れます。私の透視「7/23 M6-7 岩手県沖」とぴたりと一致します。「BLEACH」の予告恐るべし。
posted by たすく at 08:59| Comment(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

『地震予兆研究センターが7月9日のレポートでM7 南海トラフを7月下旬に予想!! 新参だ。』


 EPRCこと社団法人地震予兆研究センターは減災を目指し、地震予知します。最近、政財界の有志によって設立されました。できたてほやほやですが、元摂津市長の森川薫氏などが理事を務め、経産省の支援も受け、手回しがいいです。

 彼らは現在、人工衛星がとらえる地殻の動きから予想します。他に潮位、地震波の波形、地電流、地下水、その他宏観現象などを用いるようですが、詳細はわかりません。AIで行うことも挑戦します。MEGA地震予測と似てますが、EPRCは月ごとに無料で一部公開しており、期待がもてます。

 7月9日のレポートです。彼らはM5 相模、駿河トラフ、M7(7月下旬) 南海トラフ(今週から来週に中央構造線で地震があると規模縮小)と予想します。四国と中国で大きな動きがたくさんあり、中央構造線が活発化しました。そこから南海トラフが予想されたようです。相模湾は、地殻の動きが大きいからです。

 やはりGPS系は中央構造線と関東南部に注目するようです。大きな動きだけみると、山梨は小管Aだけ方向が違います。私が予知する9月末の山梨南東大地震のあたりです。大きく動いた方向が周囲と1つだけ違う所に、大きめの地震が起きると私は考えました。

 AIの予想が実用レベルに達するには、CPUを揃える財力と時間がいります。ここは、これからでしょう。
posted by たすく at 09:17| Comment(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

『【警告】7月28日のブラッド・ムーンで世界滅亡することが判明! 大地震のトリガーか、研究者「聖書に書いてある」』(TOCANA)の記事について

『【警告】7月28日のブラッド・ムーンで世界滅亡することが判明! 大地震のトリガーか、研究者「聖書に書いてある」』(TOCANA)について

 7月28日の明け方に皆既月食が見れます。海外の怪しげなキリスト教徒達は、新約のヨエル書2:31「主の大いなる恐るべき日が来る前に、日は暗く、月は血に変る。」を信じ、皆既月食を終末のサインと恐れます。
 終末とは、黙示録のバビロン倒壊(16:19)をさします。最初のバビロン倒壊(14:8)の次です。大地震(16:18)でどこかの町が壊れます。局地的な災害です。が、西洋人は地球が壊れるだの、人類が絶滅するだの、ぶっとんだ人たちがこの世の終わりのように広め、大衆は怖がります。東洋人からするととても滑稽な光景です。

 陰謀論者のポール・ベグリー牧師は今が終末で、月食が終末の日を知らせると言います。ジョンハギー牧師は2014-2015年の月食が終焉の予兆と考えます。終末の日までは書かれていませんでした。そんな内容です。

 さて、これらは正しい聖書の解読でしょうか? 
 一見、仏教徒の日本人には関係ない予言です。が、私の解読では、終末のバビロン倒壊は首都直下地震のことです。西洋人は大騒ぎするだけで杞憂に終わる(首都直下による日本経済の落ち込みの影響を受ける程度)のですが、日本人は真に危機感をもつべきです。

 私は終末を集中的に透視しました。現在、それは2026年です。今は14章の予言(あらゆる民族がどうのこうの)が成就する時です。終末の16章まで2章あります。2章あると、そこの予言が成就するのに5-10年かかります。まだまだ先です。慌てることはありません。透視で日がわかる者として言うと、月食を頼りにその日をつきとめなくても、構わないのではでしょうか? その日をずばり透視してしまえばすみます。 

 2026年の月食は、2025年9月8日皆既、2026年3月3日の皆既です。私は首都直下の大災害は冬の2月と思っていたのですが、月食の3月3日のあとのようです。違っていたかもしれません。また日付は透視してみます。

7/28の月食が大地震のトリガーかもしれませんが、私の予知ではメキシコ北部地震のです。日本は関係ありません。終末は当面、先です。

posted by たすく at 09:50| Comment(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

『アメリカの数々のミュージックビデオに、メキシコ地震のサイン』

 7月末の大地震は本当にメキシコか? ミュージックビデオのサインを調べました。洋楽のヒットチャートで、7月に上位に入った曲をチェックしました。

『BiSH / NON TiE-UP[OFFICIAL VIDEO]』はメキシコ地震のサイン「赤い砂漠」が描かれてました。
『Mercy brett young』は白い砂漠に赤服。「ジャングルの川」という絵はメキシコ南部のサインがありました。
『Get Along Kenny Chesney』はカーボーイハットというメキシコが見られました。
『be careful cardi b』は西部風の町で撮影です。メキシコカンの衣装を着てました。メキシコ地震のサインはあります。
『Camila Cabello - Never Be the Same』は赤色の壁で、赤色は今はメキシコをさします。
『Dan + Shay - Tequila (Official Music Video)』は、カーボーイハットが使われていました。
『I'll be There』は青いメキシコ衣装で馬に乗ってました。
 というわけで、英米の7曲にメキシコのサインをみつけることができました。メキシコで大地震は近々発生しそうです。
posted by たすく at 08:52| Comment(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

『7月22日 富士山噴火 ゲリー・ボーネルの予言←7月9日現在、火山性微動はないよ。』

 噴火の前には微細な地震が起きます。これもある種の地震予言です。こじつけましたが、予言はこれしかなかったのです。
 ゲリー・ボーネルというのはアカシック・レコードで一世風靡したコンタクティです。アカシック・レコードとは、世界のどこかに未来と過去の記録があって、そこにコンタクティがアクセスするとどんな未来・過去の情報も手に入る、という霊能者の憧れの記録保管庫です。ルドルフ・シュタイナーの発案です。ゲリーはそこにアクセスでき、人にその方法を教えられるという商売をしています。

 タイムマシンで未来にゆき(未来を透視して)、そこいらにある図書館の歴史書を読むか、その時代にいる歴史に詳しい人に尋ねたらといいだけの話ですが… 未来と過去を簡単に知るのに、そんな科学的には妥当な方法がありますが、昔の人や彼は気づかないようです。

 彼は、「2018年7月22日あたりに富士山の形が変わる」としています。これは2015年4月の東海地震でそうなるはずだったのですが、今は2018年に変わったそうです。この予言は、富士山の噴火と理解されています。

 「富士山の噴火はいつなのか?予言者達とその内容を紹介10名」(世界の不思議.net)より

 私は彼が日本で華々しくデビューした時からチェックしてますが、彼や彼の弟子がアカシックレコードで予言を当てた、ということを一切知りません。経歴には何かを予知して当てたとありますが、私は1つも確認していません。

 今日は10日です。7月22日まで、残すは12日です。富士山が形を変えるのは溶岩が吹き出す大噴火です。2週間前に火山性微動が必ずなくてはいけません。水蒸気爆発程度なら、そんなに兆候は出ませんが、その小さな噴火では富士山の形も変わりません。

 では、溶岩が動くことなどで観測される低周波地震は観測されているか?
「火山活動連続観測網 VIVA ver.2 富士山」(防災科学研究所)によると、6月11日から富士山火口北の真下10-18kmで低周波地震が観測されています。噴火に直結するならせめて地下数km以内でしょう。深すぎます。特段のものではありません。気象庁もなんら警戒していません。大噴火は2週間以内ではほぼ起きないと考えます。

 ゲリー・ボーネルは、いつものように外れそうです。
 

posted by たすく at 08:58| Comment(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする