2018年05月02日

宮城県鮎川のあれでわかった。ゴールデンウィークは干満の差が大きい5/2に注視!!

 月の引力は地震のトリガーの一つです。満月や新月の前後に大地震のケースが多いです。詳しく調べると、潮位が変化した時にも大地震があります。第1と第2の干満潮位があがりか下がりはじめた時、第1と第2が入れ替わった時です。変化が重複すると相殺されます。単独のほうが地震は強くなる傾向があります。

宮城県鮎川の潮位 気象庁の天文予測より
tide20180501.png

 5月前半はどんな日がそれにあたるでしょう。5/8は下弦の月です。4/30は満月でした。

5/2 満潮位が下がり、干潮位があがりはじめ
5/8-5/10 満潮位のあがりはじめ
5/12 干潮位の下がりはじめ

 この期間は、単独が多く、強い地震がありえます。5/8-12がやばそうです。ゴールデンウィークは、5/1-5/6の日曜です。その期間でもっともやばいのは、干満の差が最大の5/2から5/3 午前です。正確には、5/2 4:04~5/3 11:03です。明日の早朝から、明後日の午前に気をつけましょう。

 テレビ予知の『瓦礫』という日本かもしれない強い地震とかぶるのは、5/2、5/9頃です。4月は島根などありましたが、透視で1度は日本でナンバー2があると出ていました。が、5月は透視ではまったくありません。だから、日本で大きなものの気配はないのです。私は心配してません。
posted by たすく at 09:39| Comment(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする