2018年05月21日

『未来人XUの予言。南海トラフ巨大地震が5/23。3日後だ。デマなのか? 』


 4/17にツイッターに現れたXU @XU17297714氏は、南海トラフ地震を伝えました。

 こんな内容です。改行は空白にしました。
「2018.5.23. 3:45 南海トラフ巨大地震が発生 2018.6.15. 12:32 富士山噴火、その2日後 2018.6.17. 1:25 四国方面で震度9を観測する巨大地震発生、行方不明者21万5639人.死者30万7690人」

 地震予言で大勢を救うという使命感にかられて、XU氏は2015年の未来から、このフェイクニュースであふれる日本にやってきました。ご立派な志です。彼いわく、5/23 深夜3時45分に南海トラフ巨大地震です。今日は5/20。忘れてましたが、もう3日後です。ネタを探していて、思い出せてよかったです。

 XU氏はなぜか同日に、「この時期話題となった都市伝説はデマである」と投稿されています。「この時期」は4/17頃で、「話題となった都市伝説」は未来人の南海トラフ地震予言をさすのでしょうか? すると、予言がデマとなります。予言した直後に、損害賠償対策で否定したのでしょうか。真意は謎です。

 しかし、この投稿後もXUさんは詳しく「約1時間ぐらい強い揺れに襲われました」「震度9が発生する」など地震学ではありえない事実をつけて、丁寧に説明されてますから、彼にとってデマではないかもしれません。
https://twitter.com/XU17297714/with_replies?lang=ja

 せっかくの機会ですから、南海トラフ地震の考え方を確認します。
『南海トラフ地震の前に発生する内陸地震に警戒必要 注目エリアは近畿、中部 専門家対策呼びかけ』(産経新聞 5/12)
 https://www.sankei.com/west/news/180512/wst1805120016-n1.html
 南海トラフ地震の40-50年前から内陸で大地震が増える傾向にあります。東北大の遠田晋次教授は近畿では山崎断層、大阪北部、京都府南部、和歌山の活断層近くでの大地震に注目されてます。以上です。

 私は南海トラフは2030年代という説です。それ以外はすべてデマという立場です。XU氏の予言が起きないことを祈ります。デマかどうかは、当たるかどうかで決まります。5/23の結果が出るまでデマと決めつけないでください。
posted by たすく at 08:48| Comment(0) | 未来人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする