2018年05月30日

『今月2日から福島県喜多方で亀裂が拡大中。地滑り。前兆か?』

 5月2日に喜多方市の県道367号線で地すべりによる亀裂が10箇所見つかりました。1.7kmの範囲で亀裂は広がり、住宅の基礎がひび割れました。Google地図ではこのあたりです。これは地震の前兆でしょうか?

 地すべりは、地下水がたまり、地面がやわらかくなって発生します。地下水位が上昇するのは、地下水の流れがかわるからです。地下で地下水がなんらかの理由でせき止められました。

 さて、地図を見ますと、福島県高郷町の県道367号は阿賀川の近くです。三郷ダムがあり、ダム湖の横です。ずばり、ダム湖が地下水の流れが悪くなった原因とはいいにくいです。今年は雨が多く、地下水が豊富だったからでは?

 地震の前兆とすぐに結びつけるのは難しいですが、東10kmゆくと会津盆地西縁断層帯が通ってます。微妙に遠いです。が、地下水位変動は、このくらい距離はありです。これが前兆とすると、喜多方市付近に地震です。

 似たような地すべりがちょうど1年前の5月に大分県豊後大野市でありました。発生してから、20日くらいでしょうか。5/28に落ち着きました。大分は地震がなく、地すべりでした。おそらく、大分地震による地下の変化の影響でしょう。

 今回は、どうでしょうか。地すべり多発地帯で、今年は雨が多いから、でよろしいのではないでしょうか? 地震の予兆ではない気がします。

『福島・喜多方で広範囲にわたる地滑りによる地割れ、今も拡大中』(TBS 5/28)
posted by たすく at 09:13| Comment(0) | 東北震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日のつぶやき








posted by たすく at 09:01| Comment(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする