2018年08月29日

『8-9月に黙示録14章7節の予言が成就する - 次の震災級は台湾かイランか?』

黙示録の予言。その自然災害は大きく、必ず発生します。重宝します。

14章6節
 わたしはまた、別の天使が空高く飛ぶのを見た。この天使は、地上に住む人々、あらゆる国民、種族、言葉の違う民、民族に告げ知らせるために、永遠の福音を携えて来て、

 これは、8/19 M6.9 インドネシアのロンボク島の地震でした。あらゆる民族の住むのはバリです。やっとわかりました。数百名が亡くなる大きなものでした。

 8/20以降は、次の7節の予言が成就します。

14章7節
大声で言った。「神を畏れ、その栄光をたたえなさい。神の裁きの時が来たからである。天と地、海と水の源を創造した方を礼拝しなさい。」

 「大声」、「神」、「栄光」、「神」、「天と地」、「海」、「水の源」「創造」、「礼拝」がシンボルです。

「源」が源氏の鎌倉をさします。「水の源」とは鎌倉付近を流れる相模川の上流で、山梨をさします。そこの地震の予言です。「海」が東北をさすので、東北の地震と考えていました。が、それは「天と地」のあとです。

「天と地」は「大地」がイエスのシンボルです。イエスの事件で、交通事故か何かです。透視すると9月第3週でした。

「海」の地震は厳密にはないのです。震度5以上の地震は、8月と9月に1つしかなく、9月は山梨と透視では判明してますから。

 よって、8月に青森地震はないはずです。青森のシンボルは黙示録では「海」です。が、7節の「天と地」前にありませんから。私の8月の予言は外したようです。が、日本で震度5以上の地震は残ってます。調べ直してみます。どこか。

 「大声」は14章に3つ登場します。どこを指すかははっきりしません。現在は、イランと台湾が候補です。8月に台湾があることだけは、当たるかもしれません。これらシンボルが意味するものは、9月後半までにわかります。

 14章7節の予言が9月末の山梨地震で成就します。すると、とうとうあの8節、恐怖のバビロンの倒壊です。10月4日頃の首都直下地震となります。


posted by たすく at 09:39| Comment(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

『長野でハチに刺される。青森・北海道地震は今夜!?』

8月26日午前、長野県松本市で自転車大会中に、61人がスズメバチに刺されました。
 『ロードレース大会 61人がハチに刺される』(日テレNEWS24)

 ハチの事件といえば、ケリー・クラークソン 「 Love So Soft」のミュージックビデオ(youtube)です。1:33-1:54 彼女のスカートからたくさんの黄色い蝶が飛びます。蝶では事件にならないので、ハチのシンボルです。とうとう8/26に起きました。このあと、ビデオは

 1:55 阿修羅顔(Babyと歌う)→→2:16 部屋の中のものが飛び散ります。

 阿修羅の赤ちゃんはインドネシアに生まれた顔面重複の赤ん坊のことです。彼が話題になりますと、大地震が起きます。まもなくです。どこか? このビデオには「崖の上の家(東北)」、「都市(千葉)」、「Soft(室蘭)」、「気球(北海道)」が映ってます。

 室内が爆発する部屋は東北なので、そこでしょう。そして、北海道も揺れると読めます。そんな地震は青森地震しかありません。なんでも、青森に結びつけてしまいます。先入観です。思い込みです。こういうのが普通は解読を歪めるのですが、当たればよしとします。
 マルーン5の'What Lovers do'では蜂の巣は、大木にありますから、インドネシア・オセアニアで強い地震かもしれません。

結果
 8/26ではありませんでした。近いのは確かですが。
posted by たすく at 09:22| Comment(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする