2018年10月31日

宮城県鮎川の潮汐でわかった。11月前半のやばい日!!

 満月の日に大地震が起きると騒がれます。私は統計をとって、大地震と潮汐の関係を調べました。すると、その9割は潮汐の特異日で起きることがわかりました。それは、干潮と満潮のピークすぎなどでした。

 11月前半はどの日がやばいでしょう?
 宮城県沖が危ういので、宮城県の鮎川の潮汐をもとにみました。

tide2018130.png

10/31-11/1 第2干潮と第2満潮の入れ替わり
11/1-2 満潮のあがりはじめ
11/5-6 第1と2の干潮が交代する
11/9-10 満潮と干潮のピークすぎ

 震災の予想日は10/30-31は、10/31の午後から、第2の干潮と満潮が入れ替わります。10月に震災があるとしたら、その時間帯でしょう。この期間でもっとも潮汐力が強まるのは、11/9 午後から11/10です。大潮の日で、新月の翌日です。

 11月の前半はのんびりできそうです。
posted by たすく at 09:07| Comment(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

ツイッターに「東京に2回などの計4~5回の人工地震で最終的に10月で日本列島は崩壊」←私と同じ!!

ツイッターの@Maurinoさんです。

「 @Maurino2020 10月17日 
 2018年に日本が崩壊する。 東京首都直下型地震、南海トラフ地震などの日本列島全域を襲う人工地震は、東京に2回などの計4~5回の人工地震で最終的に10月で日本列島は崩壊。 さらに、富士山や阿蘇山なども人工地震に連動して噴火する。」
 
 と予言。
 
 10月に首都直下型が東京で2回。余震は他に4-5回あるとニュース(記事)にします。人工地震を私は否定しますが、私の震災予知とそっくりです。世の中には、私の他にも予見されている方がいるとわかりました。彼は陰謀論と混ぜてます。が、知っていて黙る臆病な者たちを尻目に、勇気があります。

 イルミナティカード「Combined Disaster」(複合災害)の予言だそうです。カードには、夜に時計台が落ち、炎上し、人々が逃げ惑う絵が描かれてます。イスラム風顔、緑の服の女やネクタイスーツの男もいます。それが話題になる頃に複合災害が起きるという暗示です。イスラム顔は確かに、話題になってますね。緑服の女性やネクタイスーツの男は誰でしょうか?

 私の解読とよく似ています。それはこうです。東京は東北沖の大地震でまず震度5で揺れます。次に時計台の時刻、深夜1時55分ころに千葉沖で大地震があり、このように東京が震度6で大打撃を受ける。時計台も落ちると考えます。その連続地震が10月に起きる。

 彼はカードから、2度東京が揺れると考えました。また彼によると、2018年はイスラエルの建国の70年目に破滅が起きるという予言からきます。

 あとはよくわかりません。

 彼のツイートは陰謀論が多く語られます。青騎士と反キリストを混同しているあたりが、私には気になります。反キリストは日本人霊能者です。代々木公園の周辺で営業してるそうです。西洋では青騎士という偉大な人物が予言されています。手塚治虫の漫画にもありましたね。黒騎士の襲来でピンチに陥りますが、青騎士の同志である赤騎士(イエスの子)が現れ、退けます。青騎士は神の使徒というのが西洋では常識です。これを知らないと、これから活躍する者たちの正体がみえてこないのではないかと思います。手塚治虫はそれを知ってまして、英雄として描いていたと思います。

 ともかく、10月はこれから震災です。東京が2度大きく揺れます。用心しましょう。
posted by たすく at 09:15| Comment(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする