2019年03月02日

次の東日本大震災まで26日 - 帰宅難民

 私はM8.5 宮城県沖と余震のM7.5 ちば沖の首都直下型地震の危機が3月26-27日に迫ると予知します。3/25の地電流を見て、最終的に判断します。

 311では昼の地震で、電車が止まり、帰宅難民が町にあふれました。今回は、夜です。帰宅してから起きます。帰宅難民はそう多くなりません。最初の午後7-11時のM8.5 宮城県沖で東日本一円の電車が止まります。深夜の首都直下型の頃には、すでに動いてません。早めに帰宅すると、大丈夫です。

 しかし、深夜の大火災などあります。帰ってからも安堵できません。早く帰ってから防災するという大事な仕事があります。速やかに荷物をもって、東北の沿岸は高台、都心は公園や河原に避難することを勧めます。それ以後は、住宅難民となるので、食い物などをたくさん持ち出しましょう。
posted by たすく at 09:38| Comment(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする