2019年03月15日

韓流少年グループ「NCT DREAM」の音楽ビデオ'Candle Light'はタイトルが高層ビル火災のシンボル!!

 映画や音楽ビデオのシンボルは、未来を暗示することが多々あります。いい音楽ビデオほどシンボルが明確です。カラフルな韓流はそれにあてはまります。今回は、韓国の6人組男性アイドルグループです。中韓の混成です。

'Candle Light'のビデオ(Youtube)のシンボルを見ましょう。

 黄色い部屋と5時の時計→緑の部屋と揺れる椅子→カメラと三脚・観覧車→ビンク色の空と撮影隊→電話ボックス→扇風機→紙吹雪と紺色→傘→自動車→フーランガム→バスケットボール→レシート?と拡声器→缶・フィルム→観覧車とかばん?→オレンジジュース→はしご→よける→ガム踏む→2階風船→ピンク空、音を聞く→男→左右を見る→碁打ち似→バスケが入る→紙吹雪と拍手→暗い舞台のアナウンス→パイプ椅子→見る→完成。→自動車→ガム→風船→黒白服の男ともうひとり→バスケボールと紙吹雪と語る→紙吹雪と街頭→パイプ椅子の男たちが見る。

 長いです。彼らは違った視点から、震災頃の出来事を綴っています。「バスケットボール」、「紙ふぶき」、「拍手」など震災のサインもあります。特筆すべきシンボルを解説します。

監督と撮影--確かに、震災頃に撮影で何か起きるというサインは他にもありました。
ガムを踏む--私が震災頃に踏むらしいです。川西方面で気をつけます。
風船--北海道の地震か事故です。
紙ふぶきと拍手--拍手は私が予知を成功した時の欧米メディアの反応です。これが宮城県沖の震災です。
暗い舞台のアナウンス--一発目が起きたら、余震の東京直下を私はブログで警告します。それです。
紙ふぶきと街灯--2発目の首都直下です。街灯はこの曲のタイトル「キャンドルライト」と同じ意味で、高層ビル火災です。関東から仙台にかけてたくさんそうなります。

 解読します。完成という言葉のあとに、まとめて書かれてます。まずは自動車が事故を引き起こし、私がガムを踏み、北海道で地震か事件があます。当日はバスケの事件があり、赤い電話ボックスは雰囲気がゴールデンブリッジと似てますから、鳥取の地震があり、雨が降り、傘をさします。宮城県地震があり、私が語ります。夜に千葉沖の大地震で、高層ビルが燃える。その報道を徹夜して私が見る。

 そんなところです。こんなに高層ビル、マンションは火災のリスクが高いと訴えていますので、避難してくださいよ。
posted by たすく at 09:51| Comment(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/14 次の東日本大震災まで12日 - 津波から逃げる

 3/26 M8 宮城県沖は午後7-11時、3/27 千葉沖の首都直下地震は深夜0-4時とします。予想ですので、日時がずれる可能性はあります。

 次の震災も311級です。最初の宮城県沖で大津波が発生します。地震が来てから逃げていては、何も手荷物がありません。それではあとの生活が困ります。地震がくる前に、早めに高台に避難しましょう。

 だいたい311と同じと思えばよいです。揺れから5分で津波がくるところもありますし、1時間くらいかかるところもあります。今回は宮城県以北は311より高いらしいです。それも考えて、ギリギリ助かるような場所ではなく、余裕の高台を選びましょう。
posted by たすく at 09:49| Comment(0) | 首都直下地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする