2019年04月30日

『「4月30日に地震が...」ネットで出回る怪情報 根拠は「聖徳太子の予言」、その正体は?』(JCASTニュース)について

『「4月30日に地震が...」ネットで出回る怪情報 根拠は「聖徳太子の予言」、その正体は?』(JCASTニュース)について
 私はずっとこのネタを書いてましたが、とうとうネットニュースの大御所JCAST社が、とりあげました。それほど好奇心をそそるものでした。

 平成の変わりめの4月30日、5月1日にかけて東京を大地震が襲うという予言が、SNSを席巻中です。元ネタは『聖徳太子「未来記」の秘予言』(五島勉 青春出版)でした。そこには「東の京は200年後、『クハンダ』が来て、親と7人のこどものように分かれるだろう」(引用)と。それが東京地震のことという。4/30-5/1なのは天皇の交代の時に一瞬、天皇の統治しない時がくる。その隙をクハンダの鬼が襲うから。

 JCASTさんは本当に未来記にそう書かれてあったのかを独自に調べ、結局、クハンダが東都を襲う部分の原典をみつけられませんでした。五島氏の創作かもと締めくくります。根気よく調べ、ご苦労さまです。また勉さんですか。

 そもそもこの予言は大人が子供を怖がらせて、楽しむたちの話です。まじめに調べると、霞み、根も葉もみえてこない話なのでしょう。が、ビビリの子供がいて、夜も眠れないという苦情がたまにSNSにあがります。だから、私は、きっちり否定しています。

 未来人の地震予言は、かなり大きな騒動になってました。だからといって、こういう話をしてはいけない。不謹慎ということにはなりません。大人は、明らかに怪しいとわかり、信じるに足るものでないとわかるからです。だから、社会がパニックになりません。噂でおしまいです。政府が本腰を入れて、対策すべき案件ではありません。

 世の中、想像をふくらませる話がないと、楽しくありません。子供は、物語をたくさん読み聞かせると心が豊かに成長します。特に、科学で解明されてない領域に、こういう謎、怪しげな話が残ります。UFO、幽霊。怪談や宇宙SFものです。それを全部禁じると、誰もそういうものに関心をもたなくなります。それでは、その分野を解明する志をもつ若者が育ちません。

 これも子供の心を豊かにするのに一役買ってると思います。大人たちは、こんなおもしろおかしく騒ぐ予言が出てきても、暖かく見守りましょう。これに接したことがきっかけで、未知の謎を解明しようと思う子供が現れ、いつか文明を発展させてくれかもしれませんから。
posted by たすく at 09:20| Comment(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

ノートルダム教会火災を予言したエコノミスト2017の表紙でわかった。今年秋の大地震は青森!?

 エコノミスト2017の表紙に教会炎上のカードがあり、ノートルダムを予言したと一躍、注目を浴びました。

『【悲報】英誌『エコノミスト2017』の表紙がタロットで核戦争と世界滅亡を予言! まもなく日本は消滅へ?』(TOCANA)

 表紙絵に予言のカードが8枚描かれています。その1枚「DEATH」の背景に、輝く太陽から放射状に線が伸びます。まさに日章旗です。他には核爆発、波打つ海と草が生える陸地があります。核爆発は福島原発をさし、東北の地震です。これが震災の予言と違うのは、東京らしい光景が全くないことです。草が生えるような田舎の地震らしいです。

同じ絵柄が通称イルミナティカードの「JAPAN」に描かれていたことを私は思い出しました。

IrumiJapan.png

 こんな感じ。東北から関東にかけてビルがあります。樺太のビルもあります。それは低周期地震動でビルが大きく揺れることをさすと思われます。日章旗風の太陽が背後に輝く点がエコノミストの表紙とうり二つです。樺太が揺れることから、東北の地震とわかりました。透視では、青森県沖地震です。

 これがいつか、わからなかったのです。が、やっとわかりました。

 両カードは同じ東北の地震を予言したものです。エコノミスト2017の表紙の予言は、2019年に起きることです。つまり、この日本の地震は今年の災害です。青森大地震は今年です。

 今年最大の日本の地震は、10月7日と私は透視しました。で、「JAPAN」のカードには「6/4 8」という文字があります。6と4を足すと10。そして8。10月8日と読めないでもありません。私の透視は誤差ありますから、10/5-10くらいです。時期もあっているかもしれません。

 また黙示録14章7節、バビロン倒壊の1節前に

14章 7節
大声で言った。「神を畏れ、その栄光をたたえなさい。神の裁きの時が来たからである。天と地、海と水の源を創造した方を礼拝しなさい。」

 とあります。「海」は東北をさします。バビロン倒壊は、オリンピック頃の首都直下地震です。その前に、東北で強い地震が起きるはずなのです。10月に青森地震があるなら、あってます。ちなみに、6節は「あらゆる国民、種族、言葉の違う民、民族」とあり、スマトラの地震をさします。一時はこれをスマトラに近いバリの地震かと思いましたが、やはりスマトラかもしれません。スマトラがあればそれですが、なければバリです。

 今年最大の地震は、10月7日前後の青森県沖地震でしょう。東北-東京震災ではなく。八戸がやられます。この秋に、注視したいです。

参考 その他のエコノミスト2017の表紙の予言はこちらに解説
『5月11日に南海トラフ大地震!? エコノミスト2015年の表紙の予言。この噂がネットでもちきり』(マイブログ)

 ユーチューバーの皆さんへ。私の予言の紹介は可です。
posted by たすく at 21:10| Comment(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする