2019年04月17日

危惧が現実になった。ノートルダム寺院で火事。それを予言するビデオではまもなく北海道地震!?

 地震とは関係ないですが、テレビ予知のすごさがわかります。私は何かアニメで『中洲』が描かれていたこと、ブラタモリのパリ特集でノートルダムが中洲にあったことから、パリの中洲で事件が起きると2-3月に予知しました。私は学生の頃にノートルダムの中を見物したことがあるのですが、その黒く暗い雰囲気から、火災で燃えると予見してました。テロかなんかだと思ったのです。

 韓流男子組ONFの「We Must Love」で、炎をまとった黒く煤けた獣王が中洲(池)のドームに覆いかぶさってます。パリのノートルダムが火災で燃えるのが3月と私は思いました。

 証拠があります。

『中洲の竜--パリではないと思いますが中洲で事件です。』(「韓流少年グループ「ONF」の~大野地震予知 まとめ」より)

 私は、パリの中洲が危ないことは記録しました。そこにノートルダム寺院があります。こういう歴史的建物の破壊は日本やアメリカでは、情報機関などが防ぎます。仏も未然に防ぐと考えたので、起きるという予知ではなく、起きないという予知にしています。私はノートルダムの火災を3月に危惧はしました。
 
 驚きました。まさか起きるとか。予想した場所(ノートルダム)と災害(火事)が的中するとは。3月でなく、4月でした。フランスはヘマしました。この悲しみで、神や預言者をおちょくる下品なシャルリー・エブドが襲撃されたテロのように、イエローベスト運動で混乱する仏は沈静化するでしょう。

『 ノートルダム大聖堂火災~』(FNN)

 火災の原因は修復中の失火のようです。テロではなかったようです。テレビ予知で、ぴたりと人災が当たることもあると、改めて思いました。

 さて、テレビ予知のすごさがわかったところで、この後、何が起きるか?
 韓流ビデオONFの「We Must Love」(Youtube)に、今後のことも描かれてます。

 中洲の竜→漢字の町と車のライト→学生→テレビ→ヤシの木→池か川→時計台のある駅

 シンボルの意味

漢字の町と車のライト→台湾か中国の地震と、車のライトは交通事故
学生→学生が自決します
テレビ深夜の→深夜にテレビを見ます。私は木曜の夜は遅くなります。
ヤシの木→ミャンマーからオセアニアの地震
池か川→長野地震か、中米の地震か
時計台のある駅→北海道胆振の地震

 ポイント。ノートルダムのように、このビデオに観光名所が登場します。時計台といえば、札幌です。北海道の胆振地方の地震がまもなくと予想できます。その時刻が10時25分かどうかです。

 台中地震のあと、木曜から金曜にかけて、ミャンマーかオセアニアで地震。そして、長野地震かメキシコより南の地震。そして、北海道胆振地震です。これだと、北海道地震は金曜か土曜で4/19-20です。
posted by たすく at 09:17| Comment(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする