2019年04月26日

映画「THE QUAKE ザ・クエイク」の予言 - 連休のはじめに千葉地震があるぞ!?

 ムービーは映像による予言です。シンボルを読み解くと、公開日から何が起きるかわかります。
 1904年に首都オスロをM5.4の大地震が襲い、荒れました。それが再び起きることが危惧されます。もし起きたら? を描いてます。オスロの壊れっぷりがハンパありません。ビルは崩れ落ち、倒れます。これを見ておくと、直下地震でどう生き延びたらよいか。ヒントが得られるかも。公開は4/26です。

映画「THE QUAKE ザ・クエイク」(公式サイト)

予告(youtube)をみましょう。シンボルはこんなものです。

 低い西洋建物→ビル倒れ→列車→トンネルと車→黒い洞窟→高さが揃った低いビル→白い部屋で鉄棒→トンネル・瓦礫→PCモニター→女と水→父と子→→電球→車と停電→池→大地が波打つ→学生の講義室→エレベーター→煙と町→ビルとガラス割れ

シンボルがわかりにくいです。他と共通するをあげます

白い低い西洋建物→オセアニアのサインです。
ビル倒れ→東北の地震
列車→事故
トンネルと車→事故
高さが揃った低いビル→アフガンの地震か。
PCモニター→それで何か失態。
池→長野の地震
大地が波打つ→千葉か横浜の地震
学生の講義室→学生が何か
煙と町→台湾の地震
ビルとガラス割れ→床にガラスを敷いた観光施設の事故

 4/26にオセアニアで地震のあと、東北の地震。列車事故のあとに車の事故。4/28-29に千葉か関東で地震があり、4/28-30に台湾でも。連休のはじめに、千葉地震があることがわかりました。

 建物が壊れるなど派手な映像ですが、わりとシンボルはシンプルです。が、意味がわからないかわったものが多用されてます。半分ほど解読できません。

 わかったことは、4/26に海外の地震のあと、東北で小さなやつ。それから列車事故の後、車の事故。そして、千葉、台湾で地震という流れです。

 ビル倒れが予告のメインです。それは東北震災を表します。東北震災は当面、先です。劇場公開日よりも、テレビ放送日を基準にして、予知し直すと、いいものがみえてくるかもしれません。

 オスロは近々大地震がくるか? こないのじゃないですか。映画では明るい町でしたから。
posted by たすく at 09:59| Comment(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする