2019年07月07日

映画「アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲」の予言-笑った, 7/12に恐竜の国で地震だ、胆振も…

 アニメは予言ですが、映画もコツを覚えたらできます。シンボルを解読すればよいです。これは予告の自由な解釈の一つです。

 「アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲」(公式サイト)は、フィンランドの映画です。前作「アイアン・スカイ」続編です。ナチスとの戦いで生き延びた人類は月面に残っていたが暮らしにくいので、地下に降ります。そこはナチスと秘密結社ヴリル協会が都市を構えていました。人類は戦います。スティーブ・ジョブズ、サッチャー、ローマ法王がヴリル協会のメンバーです。今年前半で最も笑えた予告(「アイアン・スカイ:本編映像2」)もあったので、取り上げました。日本の地下世界の面々が半分あってます。公開は7月12日です。
 
本予告(youtube)のシンボルはこうです。
 核爆弾と塔と英米の市庁舎→地球と小型飛行機→月面→灯籠の町→もにたー・地図→円盤と飛行機→大きな雲、ヤシの木についらく→岩に囲まれた町→恐竜たち→イスラム服→携帯壊れ→氷の2本角→流星群

 シンボルの意味は?
核爆弾と塔と英米の市庁舎→核は東北の地震、塔はアフガン、市庁舎は南国の地震
地球と小型飛行機→小型飛行機墜落
灯籠の町→灯籠はアフガン、汚く暗いのは胆振のサインと同じ。
もにたー・地図→地図はサンドウィッチ諸島
大きな雲、ヤシの木か松についらく→千島の地震か南国で大雨か地震
岩に囲まれた町→カリフォルニア中部の余震
恐竜たち→インドネシア・スラウェシあたりの地震
イスラム服→イランの地震
携帯壊れ→まさにそれ。教会で壊れる
氷の2本角→千島の地震

 解読します。冒頭の絵はこの期間に起きる大きな出来事3つです。7月12日に小型飛行機が落ち、アフガン、サンドウイッチ諸島で地震。夕立か千島の地震があります。交通事故があります。カリフォルニアで余震があると、スラウェシ島周辺で強い地震です。7/13-14にそれから教会で携帯が壊れます。また胆振地震がいずれくるとあります。それは透視では7/20前です。

 スラウェシ・スマトラ南あたりの地震が7/12-14にもっとも印象的だとわかりました。またカリフォルニアの余震で強いのが7/12-13にまたありそうです。

では、問題。私が最も笑ったのは、『アイアン・スカイ:本編映像2』(youtube)のどのセリフでしょう。1、高き、2 失望、3不満
 答え 1。

 ごきげんよう。
posted by たすく at 10:52| Comment(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする