2019年07月20日

映画「ガール・イン・ザ・ミラー」の予言, オホーツク大地震はまもなく!?

 アニメ映画だけでなく、実写映画も中に描かれるシンボルの示すものが、公開日に起きます。これは予告の自由な解釈の一つです。

 映画「ガール・イン・ザ・ミラー」(公式サイト)は2018年のカナダものです。学校でいじめられるマリアは、鏡の中にもう一人の自分と出会う。もう一人の彼女が復讐をはじめる。主演はオリビア・ハッセーの娘、インディア・アイズリー。オンライン(シネマカリテ)で見れるみたいです。公開日は7/24です

 予告(youtube)のシンボルをみましょう。

スクールバス・学生→ホッケー→スケート→鏡の女→氷の結晶→少女

 シンボルの意味は
 鏡の中の女→大阪の南の女性らしいです。
 氷の結晶→雪国の地震です。

 解読します。7/24に大阪市南の女学生の事件。太平洋の北部、今はカムチャッカから千島しかありませんから、そこで大地震です。最新のカムチャッカ地震の最新の時期(7/20-24)とあっているシンボルはこれのみでした。
posted by たすく at 09:25| Comment(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする