2021年07月20日

茨城県の地磁気グラフから震源をつきとめる方法

 今日は研究発表です。茨城県の地磁気はどうなるとどこに地震が発生するでしょうか? 今年5月前半は地震が多かったです。
kk202105_18days.png
5月前半の地磁気(気象庁)。予兆は前日の地磁気を見ます。

5/1 M6.8 宮城県沖 - 前日は4/30です。赤グラフの真ん中が凹みます。東西の値を示す青いグラフは大きく下がります。力を表す空色のグラフもよく下がります。
5/3 M5.7 石垣島 - 5/2に赤グラフに真ん中の凹みはありません。青グラフのみ大きく下がります。
5/14 M6.3 福島県沖 - 5/13に赤グラフは真ん中が凹みます。青グラフも下がります。
5/16 M6.1 十勝沖 - 5/15の赤グラフは真ん中が凹みます。青グラフはやや大きく下がります。空色のグラフは大きく下がります。

 以上から東北と北海道は赤グラフにマイナスの波がないと発生しません。沖縄は青グラフが大きく下がり、赤グラフは下がらないことがあります(大きな地震が太平洋にあるとき必ず赤グラフは凹みます。上のケースでは赤グラフが凹みませんでしたが、例外です)。北海道は赤グラフは凹みますが、青グラフが大きく下がることはないようです。

 これらが予兆です。これを使うと北海道、東北、沖縄のどこかを判定できます。細かくデータを取るとより正確になります。読者の皆様もやってみましょう。
posted by たすく at 09:35| Comment(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月17日

東京パラレンピック中の災害・事故 その中身

 ミュージックビデオのMaroon5 "What Lovers Do ft. SZA"(youtube)は走り幅跳びに陸上競技場での競走が描かれます。走り幅跳びはパラレンピックの事故です。ここにパラレンピックの期間に起きることが予言されています。

 イベントは下記の順です。ビデオの1分9秒にペンギンが登場します。これは附属小学校で何かあります。昨日、NHKあさイチか何かの番組でペンギンが泳ぐのを見ました。ペンギンのサインが現実になるのは昨日7月15日の31日後で8月15日です。これはパラレンピックが8/24-9/5です。オリンピックは7/21-8/8です。その間の出来事です。これでペンギンのサインの時期がわかりました。今後何が起きるでしょうか?

 ペンギン 8/15 - 附属小で何か
 男女の追いかけっこ - そういう事件
 集団登校と傘 - 小学生の群れに車がつっこむ
 水たまりに靴 - 靴が濡れる
 マラソン - 陸上競技でのトラブル
 花火 - 飛行機墜落
 那覇 - 事故
 都市 - 千葉地震 大きくないもの
 恐竜 - スラウェシ島地震
 黄色い太陽 - 茨木市でなにか
 黒い観客 - 海外のアリーナで事故
 走り幅跳び 8/28の競技日程
 
 1日で1イベント進みます。8/24から始まるパラレンピック期間中に地震はスラウェシ島があるかないかです。走り幅跳びの事故はありそうです。防止するよう手配しましたが。国内の大地震を予想しません。大きな混乱の心配はいりません。
posted by たすく at 09:27| Comment(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする