2021年11月09日

11月末に福島大地震 透視した!!

 私は11月の3大地震として11月28日のM6-7 福島県沖を予知する。透視で調べた。3大地震でこれは3番めのもの。日本の場合は震度5-6で大きな被害をもたらすものではない。私は先月に日本の地震を誤差1日で当てた。大きくはずさないだろう。

 透視の結果
1, 津波はない。なだらかな海面が見えた。M7.2以上で津波が発生する。ここから規模がM7.2未満と判明する。
2, 震度は5だ。震度を探ると囲碁(1と5)がうっすらと見えた。揺れの被害は大きくない。
3, 福島が揺れる。電車が駅の間で止まるのがくっきりみえた。周辺の電車が一時止まる。
4, 店の棚から商品が落ちるのが見えた。これはたくさん落ちない。少ないと予想。ガラス瓶は置き場所に注意する。
5, 断水が起きる。水道管からの水漏れがぼんやり見えた。

 細かく被害を見ても、大きな地震ではなかった。が、電車に乗る人は予定が狂うだろう。ご用心。
posted by たすく at 10:57| Comment(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月04日

潮汐が教える11月に大地震がこない日

 スーパームーンの日に大地震という。私は独自に大地震と潮汐を関係を調べた。すると潮汐の特異日に大地震の9割以上が発生することが判明した。11月は何日だろう。これは大きな地震が発生しない日がわかり、貴重だ。(図は気象庁のものをもとに作成)

tide20211103.png

11月
 3日 干潮位の第1と第2が入れかわる
 8日 大潮の直後
 10-16日 満潮位の流れが変わるなど
 20-23日 大潮のあと
 26-29日 満潮位の流れが変わるなど

 今月の特徴は上弦の月と下弦の月のあとが長いこと。満月と新月から1-2日かけて大潮になること。最も地震が強くなるのは干満の差が大きい8日。マグニチュードが+1あがる。次は、28日でそれまで第2干潮位がほぼ同じ高さを保っていた。28日は東北で強い地震を予知する。大きな地震がない日は5-6、17-19、23-25日の計8日。平均的である。今月もご用心。
posted by たすく at 09:48| Comment(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月03日

発表 11月の予知 イタリア中部の教会が崩れる

 先日、やっと世界のメディアに通知した。11月の3大地震を発表する。

11月の最大地震はイタリアで、大きな被害が出る。日本では月末の28日に福島県沖で大きいものがある。3大地震で日本の時、震度5以上になる。今シーズンのテレビは日曜のアニメしか使えるシンボルがない。今回はそこに予想する期間のものがなかった。かわりに、映画の予告を用いた。それには公開日から3日間に起こるイベントのシンボルが隠されている。詳しく見ていこう。

11月12-15日 M6-7 ニュージーランド・ケルマデック諸島 (透視は14日)
11月26-29日 M6 イタリア ペルージャ県 ヴォルペリーノ (27日)
11月26-29日 M6-7 日本 福島県沖 (28日)

11月12-15日 M6-7 ニュージーランド・ケルマデック諸島 (14日)
11月12日公開の洋画「カオス・ウォーキング」の予告(youtube)に「宇宙船の大気圏突入」を見た。それはソロモン諸島のシンボル。私は透視ができる。ケルマデック諸島と11月14日が見えた。期間は11月12-15日だ。

11月26-29日 M6 イタリア ペルージャ県 ヴォルペリーノ (27日)
11月26日公開の洋画「ベロゴリア戦記」の予告(youtube)で「ローマ兵」が行進する。それはギリシア・トルコ、たまにイタリアのシンボルだ。イタリアと11月27日が見えた。期間は11月26-29日だ。詳しく調査すると、ペルージャ県 ヴォルペリーノ村が被災地だ。グーグル地図では家々と***宗教建築物が粉っぽく、灰色に見え、近いうちに壊れる建物の様相だった。これは11月最大の被害をもたらす。犠牲者は10人前後。

 数十年以内に壊れる建物は上記のようにみえる。透視した期間かは外れる時がたまにある。またこの村は少なくない家が崩れている。そこは地震が多発する土地だ。

11月26-29日 M6-7 日本 福島県沖 (28日)
11月26日公開の洋画「ダ・ヴィンチは誰に微笑む」の予告(youtube)に「ビルの都市」をみかけた。それは千葉のシンボルだ。福島県と11月28日が見えた。期間は11月26-29日だ。近隣は震度5-6で、電車が止まる。

 今月、日本は震度5-6の被害が少ない中型。月末に用心しよう。
posted by たすく at 09:22| Comment(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする