2022年07月07日

潮汐から7月の大地震日がわかった なぜ七夕が危うい?

スーパームーンに大地震など言われるが、私は正確に調べた。潮汐の流れが変わる日に地震がある。大潮に向けて潮位があがる時に大地震は来ない。大潮の直後に潮位がさがりはじめると大地震がある。そういう潮汐の流れの変わり目を潮汐の特異日とよぶことにした。その日に世界の大地震の9割が発生する。

7月はどうだろう。
tide20220702.png

 気象庁の潮汐グラフに書き足した。

7/6 満潮汐のあがりはじめ
7/8 干潮位のさがりはじめ
7/13-15 満月の前後 大潮
7/18-23 満潮位の変動など
7/25-26 満潮位のあがりはじめなど
7/29-30 大潮のあと

今月は約半分と少ない。地震が最大になるのは7/7である。それまで潮位のピークが一定の日が6日つづく。その期間に特異日がない。次に7月25日だ。その前の潮位のピークが6日同じ高さだった。3番目が大潮の日で7/15だ。7月は強い地震が多いだろう。
posted by たすく at 10:13| Comment(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする