2022年10月27日

首都直下前に起きる大地震 ヨハネの黙示録より

 私は象徴を解読してきた。聖書のシンボルも明らかにできる。シンボルを透視すると、何をさすかは一目瞭然。私の手にかかると、どんな予言も解読できる。黙示録の最大の予言はバビロン倒壊だ。バビロンの町は謎だった。そこで、私は透視した。東京だった。私はあっさりと解いた。

 ヨハネの黙示録 14章 8節がはじめてバビロンが登場する
「倒れた。大バビロンが倒れた。情欲を招く彼女の淫行のぶどう酒を、あらゆる国々の民に飲ませたこの都が。」(聖書協会共同訳 新約聖書 ヨハネの黙示録より引用、以下同じ)

 首都直下地震だ。これは次のもので2022年だとはわかっている。なぜなら、この8節前の予言が近年に次々と成就したためだ。

 14章2節に「大水のとどろきのような、また激しい雷鳴のような音が天から響くのを聞いた。私が聞いたその音は、琴を弾く者が奏でる竪琴の響き」とある。

 琴は透視するとフィリピンだった。天上で雷があり、大水になるのは台風の被害だ。フィリピンでそんな災害が実際に2013年11月に起きた。ハイアン台風はレイテ島を横切り、6000人以上の犠牲者を出した。

 14章4節の2回登場する「子羊」を私は九州と透視した。熊本地震が2016年4月に2度も続けて発生した。しかし、まだ起きてない予言がいくつかあった。来月に数万人がなくなるスマトラ大地震が起きる。これほど大きな災害は予言にされてもおかししくはない。が、これまでの私はそんな予言をみつけてない。私の従来の解読にミスがあるのか。私は改めて、調べた。

6節
「もう一人の天使が空高く飛ぶのを見た。この天使は、地上に住む人々、あらゆる国民、部族、言葉の違う民、民族に告げ知らせるために、永遠の福音を携え、」

 「高く飛ぶ」は高槻をさすのだろう。2018年の大阪府北部地震の予言だ。が、「あらゆる国民、部族、言葉の違う民、民族」はスマトラをさすが、いまだにそこに大きな地震は起きてない。2018年のスラウェシ島のパルで4300人の犠牲者を出したものと一時は解読したが、規模が小さく違うようだ。ここが違った。

7節
「大声で言った。「神を畏れ、神に栄光を帰しなさい。神の裁きの時が来た。天と地、海と水の源を創造した方を礼拝せよ。」」

 「神」は何を意味するかはいまだ解読してない。透視すると、和歌山県沖がみえる。東南海の地震だろう。近年に顕著なものがない。これからくる。「天と地」は北海道をさす。「地」は北海道のCMで大地が強調される。透視しても、そこだった。「海と水」は東北をさす。12章18節に「竜は海辺の砂の上に立った」という予言がある。「竜」=洪水が「海辺」に押し寄せるのは大津波だ。それは東日本大震災をさす。東北沖の大きな地震の予言だ。

 「源」は源氏が治めた鎌倉をさす。これまで、先の2019年に東京を直撃した台風と考えていたが、被害が小さくしっくりしない。鎌倉地震のではないだろうか。私はかつて、首都直下地震前に鎌倉で大きな地震があると予知してきた。それだろう。

 まとめる。6-8節の予言を解読した。スマトラと和歌山、北海道(サハリン)、東北、鎌倉と大きな地震がつづいて、ついに首都直下地震がくる。災害月をざっと透視すると、11月にスマトラ、12月にサハリン、和歌山と東北、1月に鎌倉、東京(23日)だった。これが新たな解読である。

 黙示録は外れない。日本人にとって険しい時代になった。
posted by たすく at 09:57| Comment(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月18日

 10月後半の日本の地震を透視 福島は23日!

 今月はさっぱりだ。透視は1日ちがった。先月は2度もぴったりその日に大きなのがきた。10月は場所もまったく当たらない。これではいけない。残りの期間におきるものを透視した。

 先月は、はじめて試みた透視がよくなかった。そのやり方は的中率もはっきりしない。今回は普段、パラレル世界との交信に使っているものにした。霊との会話よりもよく聞こえ、見えるもの。およそ日は自分の年齢を透視する。これはよく当たる。エリアは、現地の映像をみる。これがよく外れる。いい方法はないかな。先月は、金属ボウルを使い、自分の顔を反射させて、見ながら透視したような気がする。それを戻せばよいのかな。

1,23日 M7 福島県沖
2,28日 M5 沖縄
3,31日 M5 岩手県沖

 福島は10月12日でなく、23日だった。これが2022年後半で最大。列車など止まる。注視しよう。
posted by たすく at 12:03| Comment(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月12日

11月の潮汐から大地震日をつきとめた

 スーパームーンに大地震と噂。私は潮汐が地震との関係をリサーチした。すると潮汐が特異な時に大地震の9割が発生することを発見した。それは大潮の翌日、潮位が上がり始めた日などだ。11月、それはいつだろう。

11月の潮位 気象庁の潮汐より
tide202211.png
特異日は
10/8
10/10-14 満月や大潮
10/17-20 小潮の前後
10/22-23 長瀬のあと
10/24-26 新月
10/29-30 大潮のあと

10月は7日以降、特異がほぼないのは7日と少ない。最も地震が強まるのは長瀬(干満差が小さく、満潮干潮の変化がゆるやかで長くつづく小潮末期)の直後で10/22-23だ。大潮の直後は10/13と29-30でマグニチュードは平均より+1となる。今月最大の日本の地震は10月12日の福島と予知。それは大潮の手前。大地震は午前である。東北の大地震は10/12の場合、午前と予想できる。
posted by たすく at 12:41| Comment(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする