2016年06月09日

ヨハネの黙示録は現在14章6節が終わる。東京地震は8節のバビロン倒壊で7-8月

ヨハネの黙示録から次のイベントは?

私は、これで九州の地震とスマトラ地震も予知しました。この予知を軽んじると、防災はきちんとできないでしょう。今のところ、この解読は、私の所の単独の予言で、最もよく現実になるものです。次は北海道、東北ときて、東京地震にいたります。

6月9日、現在 14章6節は終わりました。「天使が空高く飛ぶ」=5/19 エジプトの飛行機がギリシアで墜落。「あらゆる国民、種族、言葉の違う民、民族」=6/2 M6.6スマトラ地震は、済みました。

これからは、7節の課題にうつります。それは、「裁き」、「天と地」、「海と水」、「源を創造した方を礼拝」です。

テレビ予知では「裁判」は私の自転車事故です。それは「裁き」で来週らしい。これはどうでもいいです。

「天と地」は、「地」がイエスの子がいる北海道をさし、そこの地震です。6月-7月初旬までに中型があるでしょう。透視では、5/25-30頃に浦河でM5-6です。

「海と水」は、その後で、東北の地震です。過去に、「海」か「水」が東北沖の地震でした。

「源を創造した方を礼拝」は、鎌倉あたりの寺社の火事になります。シンボル予知では、東京地震の前に、鎌倉の寺社で火災があります。それと考えました。これは地震を伴うものではないと思っています。人災はなかなか起きませんが、テレビに同じサインは出るはずです。

するとまもなく、「倒れた。」、「大バビロンが倒れた。」と東京-仙台地震です。最初の強い地震で仙台のビルが倒れます。2度の地震で、東京が揺れます。すると、「ぶどう酒」で石油タンクが「怒り」爆発します。こちらは、現在7月17日と予想しています。

 「1節」は今は「1ヶ月」ですから、6節は6月2日 M6.6 中部スマトラでした。7節の「裁き」が、6月半ばです。すると、8節は、7-8月月です。東京地震は、2016年7月となります。

14章 6節
わたしはまた、別の天使が空高く飛ぶのを見た。この天使は、地上に住む人々、あらゆる国民、種族、言葉の違う民、民族に告げ知らせるために、永遠の福音を携えて来て、
14章 7節
大声で言った。「神を畏れ、その栄光をたたえなさい。神の裁きの時が来たからである。天と地、海と水の源を創造した方を礼拝しなさい。」
14章 8節
また、別の第二の天使が続いて来て、こう言った。「倒れた。大バビロンが倒れた。怒りを招くみだらな行いのぶどう酒を、諸国の民に飲ませたこの都が。」
(日本聖書教会の聖書より)
posted by たすく at 17:55| Comment(0) | ヨハネの黙示録を解読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください