2016年06月17日

ヨハネの黙示録の予言--北海道地震の次は、東北沖地震だ。

こんにちは

6月16日にM5.3 内浦湾、函館震度6弱が発生しました。私はヨハネの解読から、過去、九州を地震を予知し、熊本地震が2つありました。次は北海道と予言すると、この函館地震がありました。

この予言は、日本で最も当たる地震予知の一つです。次の地震を予知しました。それは、東北沖です。なぜでしょうか? そのあとに、富士山の近くで地震があり、東京大地震へと至ります。

6月17日の大野地震研究所の投稿からです。



せっかくなので、次の地震を予想します。

14章 7節
大声で言った。「神を畏れ、その栄光をたたえなさい。神の裁きの時が来たからである。天と地、海と水の源を創造した方を礼拝しなさい。」

 7節が今の災害を示します。『神の裁き(6月10日の自転車事故)』が過ぎ、『天と地』の北海道南部地震が6月16日でした。次は、『海と水』で、東北の地震です。

『海』が東北です。311の予言が12章21節「竜は海の砂の前に立った」だったことから来ます。『竜』は洪水です。『海の砂』は砂浜です。『海』が東北と解釈します。

 テレビ予知では、次の東北地震は、6/24 M5-6  日本(コンテナ・船)です。宮城県でなく、岩手県沖でしょう。

 この次は、『源を創造した方を礼拝』でおそらく鎌倉です。火事としましたが、地震かもしれません。

 これらが終わると、ついに恐るべき地震が起きます。

14章 8節
また、別の第二の天使が続いて来て、こう言った。「倒れた。大バビロンが倒れた。怒りを招くみだらな行いのぶどう酒を、諸国の民に飲ませたこの都が。」

 バビロン倒壊で、東京地震があります。2度目に東京が揺れます。最初は東北です。

 6月16日北海道地震→東北地震(6/24-27)→鎌倉で地震か火事→東北-東京大震災(7/17)です。

 この順序です。

 信じる者が救われる、といいですね。
posted by たすく at 17:34| Comment(0) | ヨハネの黙示録を解読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください