2018年06月11日

『ヨハネの黙示録14章7節「海と水の源」をつきとめた。相模川源流の山梨県南部だ。9月に大地震!!』

 象徴解読法で、ヨハネの黙示録の予言もひもとけます。その自然災害の予言が怖いのは、必ず起きるからです。

 次は、14章6節「地上に住む人々、あらゆる国民、種族、言葉の違う民、民族」の災害が起きます。6月後半のスマトラ島北部地震です。14章8節のバビロン倒壊は、首都直下地震をさします。10月です。その間、14章7節の災害をやっとつきとめました。

14章 7節
大声で言った。「神を畏れ、その栄光をたたえなさい。神の裁きの時が来たからである。天と地、海と水の源を創造した方を礼拝しなさい。」

 「裁き」というのは裁判で、私の交通事故をさします。「天と地」はイエスの子の交通事故です。人災は予知で防げますから、どうでもいいです。

 肝心な自然災害は、「海と水の源を創造した方を礼拝しなさい」です。黙示録の災害はでかいので油断なりません。「源」は源氏です。源氏が統治したのは、鎌倉です。鎌倉の海に流れる水と考えます。それは相模川でしょう。その源流は山梨県の南部ですが、そこで礼拝すべき場所は富士浅間神社のみです。そこに注目するよう促す予言です。地震が起きるのでしょう。

 震源をつきとめるべくこの付近を5/8に集中的に透視すると、箱根山や富士山が見えました。この付近で地震が多いのは、山梨の南西か、神奈川県の西北部の山中です。時期を透視すると、9月です。

 9月に山梨県南部で強い地震があるという予言と解釈します。これがなぜ大切かというと、この地震のあとに、すぐ首都直下地震が起きるからです。皆様、ヨハネの黙示録の警告に耳を貸しましょう。
posted by たすく at 09:19| Comment(0) | ヨハネの黙示録を解読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください