2019年06月09日

皇后の潮汐でわかった。なぜ6月29日に熊本地震か?

大潮の前後は大地震。スーパームーンは人を狂わせるなど月にまつわる噂はたえません。私は調べました。大地震の9割は潮汐の特異日に発生します。それは干潮、満潮のピークすぎです。

 熊本地震が迫ります。その近くの外海、長崎市古瀬戸町の皇后の潮汐(気象庁)をチェックしました。6/10は上弦の月, 6/17 満月, 6/25 下弦の月です。6月の潮汐の特異日はいつでしょう。

tide20190608.png

6/10-12 満潮のあがりはじめなど
6/15 第1と2の満潮の入れ替わり
6/17-19 満潮ピークすぎ
6/24-29 満潮のあがりはじめなど
6/29 第2干潮の下がりはじめ
6/31 第1と2の満潮の入れ替わり

この中で最もやばいのは、6/28-29です。5-6日同じ高さの潮位が変わるときに大きな地震が起きやすいです。それは唯一、6/28-29です。熊本以外でやばいのは、満月すぎの6/18でしょうか。第1満潮と2が入れかわる6/15-16が強くなりそうです。

皇后といっても、皇族ではありません。長崎市の地名です。この際、覚えましょう。
posted by たすく at 10:44| Comment(0) | 潮汐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください