2019年07月21日

映画「ケサリ-21人の勇者たち-」の予言, スマトラ大地震が8月半ば!?

 劇中に描かれたシンボルを読み解くと、映画の公開日に起きる世の事件がみえてきます。これは予告の自由な解釈の一つです。

 インド映画。1897年イギリス領インド北部、辺境の砦で、英国軍とシク教徒が警備していた。下士官シャル・シンは、1万人の部族連合の攻撃を受ける。一人で何十人の敵と戦う。無双みたいです。公開は8月16日です。公式サイト

 予告編(youtube)のシンボルを見ます。大勢との戦闘シーンが多いです。
広大な砂漠に砦→輪と剣→太鼓→銃→山城(砦)→ロープで降りる→大門前で撃つ→炎→オレンジ→炎。

シンボルの意味
広大な砂漠--巨大地震
輪と剣--剣は奈良のイエスの子の趣味で、その怪我
太鼓--ドラマーが事件
山城--チベット周辺の地震
ロープで降りる--消防士か、登山事故か
大門前で撃つ--進撃の巨人では爆発。
炎とオレンジ--橙が羽曳野市。周辺の火事。

 解読します。8月16日から数日以内に巨大な地震が起きます。スマトラ北沖を私は予知してます。8/17-18日にイエスの子が剣道で怪我。8/17-18にチベット周辺で地震。登山事故があり、銃撃が世界であり、羽曳野市周辺で火事もあります。

 スマトラ大地震を予知する明確なサインがありました。8/16-19です。これは2019年最大の地震で7000人前後が亡くなります。津波のせいです。やっとその重大サインを見つけられました。
posted by たすく at 10:23| Comment(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください