2019年09月20日

映画「Hellow World(ハローワールド)」9/20 の予言-津波とナルトのイタチ似

 シンボルは芸術につきものです。それを読み解いて未来を予知します。これは予告の自由な解釈の1つです。

 『ハロー・ワールド』とは
 近未来の京都。内気な男子高校生の直美の前に10年後の自分が現れる。彼は彼に同級生の瑠璃を彼女にするが、彼女は事故で命を落とすという。彼女を救う切ない青春物語です。(公式サイトより)
 ありきたりの設定ですが、このアニメ映画は京都の情景を美しく描くのがみそです。カラスを友だちにする大人の直美は、まるでナルトの親友サスケの兄イタチのようです。イタチは大きなことをしでかすので、もしやそのヒントがここにあるのかと俄然、興味が湧きました。五重の塔が赤いというのがポイントです。

 予告(Youtube)のシンボルを見ます。

伏見稲荷→東寺→ドローン→高校生→カラスの兄貴→図書館→自室でにやつく→紫の女→雷→屋根を走る男→走って逃げる→五重塔の屋根に→川→炎→1:10 唐突に大波→自転車→地面が盛り上がる→男泣く→波紋→7色の電撃の炎

 長いです。地震のサインとカラスの兄貴と五重塔の意味は?

カラスの兄貴→カラスは博多で、そこで何かが起きる
屋根を走る男→チリ地震
走って逃げる→宮城県付近の地震
五重塔→屋根に雷が落ちるか、損傷。
1:10 唐突に大波→スマトラ地震
地面が盛り上がる→建物が倒れるやつで、東京から青森の地震。
7色-台湾かイラン。

 解読します。図書館のあたりまでが、私の9/19の今日の出来事です。9/20 午前に京都市のやや西で火災でしょう。9/20の深夜からチリで地震、関東・東北で地震、朝に「世界」と呼ばれる地域で大きな「津波」。その次の「自転車」は私が昼に出かけるときに使います。昼以後に関東で地震、インドネシアからオセアニアで地震。夜に台湾で地震。

 ここも9/20の午前から昼にかけて大津波です。スマトラでしょう。えらいこっちゃ。何かのひらめきで街の破壊に『津波』を入れたのが才能です。
posted by たすく at 10:13| Comment(0) | 地震予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください