2020年01月06日

1月15日の首都直下 - 全容

 私は単独の首都直下地震を予知します。1月15日の夜です。透視を繰り返しやっと概要がみえてきました。
 最大の震度が6強。東京都全域で震度5です。この被害から東京はマグニチュードM6.3-6.7です。震度は10-30kmでしょう。M7に達しません。
 冬の地震です。火災があちこちで。文京区の東で多くの住宅密集地域が燃えます。これが最大の被害となります。倒壊ビルは大塚の南東や文京区の東に2つ以上です。死者は800名と予想します。震度5を超えますから、交通機関は止まります。エレベーターも動きません。脱線もあるでしょう。帰宅難民は大量に発生します。
 が、局地的な被害です。文京区周辺以外の多くの地域では復旧が早いです。これは阪神大震災のように都市全体を破壊するものではありません。オリンピックが中止するかは、湾岸地区の液状化の度合いで決まります。私はそこまではいかないと思っています。
posted by たすく at 08:54| Comment(0) | 1月15日 首都直下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください