2020年02月05日

『首都直下地震 - 浅草で火事!?』←あ゛ーーーーー!!

 次の首都直下地震をなめてました。当初、犠牲者600人として、文京区のみの大火災と予想しました。が、港区でラーメン屋が火災にあうとか、世田谷の火事で危ういとか聞きまして、東京一円が広範囲に火災が生じることがみえてきました。犠牲者数を予想し直すと、2.3万人。甚大でした。

 これは予知にもとづき徹底的に防災した上での最終的な数です。かなり少ない見積もりです。予知できないと、その日までに何もしなければ、直撃を受けて3倍の8万人です。われわれの防災で、犠牲者を1/3にまで減らします。

 昨日、浅草寺南の火災をなんとかするという思いがにわかにひらめきまして、調べてみました。見た目、そのあたりで建物にモワモワ感があります。それは火災が数年以内に発生する建物に感じられるものです。浅草寺南で、地震による火災がいずれありそうです。
 特に出火しやいのは住宅密集地と料理屋です。浅草寺付近は、都市ビルばかりで、住宅密集地ではありません。料理屋は浅草寺南で40軒以上です。台東区はこのエリアを「防火地域」(台東区 防火指定PDF)に定めます。延焼しやすいです。
 透視や見た目で判断した未来は、特別な対策をしなかった世界です。特化した防火をすると変わります。一つの火災も出さないように、用心しましょう。なお次の首都直下でそうなるとは限りません。
 
posted by たすく at 09:23| Comment(0) | 首都直下地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください