2020年03月18日

『首都直下地震の寸前におきるイベント(地震,事件)を徹底解説!!』←詳しすぎる

 昨日、「銃」が首都直下地震の時期のシンボルとわかりました。新しい知見が得られました。これまで解読できなかった2017年に注目したビデオを取り上げます。
 映画「BraveStorm」予告編(youtube)

誰も覚えてない邦画ですが、予告はキレっキレでした。銀座の時計台が壊れます。首都直下の頃のサインが満載です。

 僧侶男(ぬらりひょん似)→高架道路→列車の女→驚く女→裸の男が戦う→4人組男女→黒いグラサン男(目がやられる?)→出歯→2つの玉→シャッターにぶつかる→機械操作・橙色3人→扉が開く→橋壊れる→嵐で紙散る→出歯→倉庫→白い逃げる・ミサイル→町中を歩く巨人→貝の宇宙船と地球→女切る→大きな掌と赤い男→殴る?→銀座時計台が壊れる

シンボルの意味は
僧侶男(ぬらりひょん似)→首都直下前に私が会う男です。自転車とぶつかりそうになるのでしょう。近所にいます。
高架道路→事故現場の映像がピタリ一致します。
列車の女→高槻の飛び込みでしょう。
出歯、2玉→私の夜の被害です。歯とあそこ
機械操作・橙色3人→機械はうちの電子レンジに似てます。
扉が開く→イラン地震
橋壊れる→橋は鳥取の地震ですが、大きなのは福島なのでそこかも
嵐で紙散る→首都直下前の嵐と千葉あたりの地震は福島です
出歯→夜の被害です。
倉庫・銃→最近、みかけるサインで、火災か。
白い逃げる・ミサイル→白いのは牧師の事件かな?
ボクサー→試合があります。
明るい町中を歩く巨人→熊本かアラスカの地震
貝の宇宙船と地球→バンダ海の地震
女切る→女性の通り魔か刺される事件
大きな掌と赤い男→イエスの子が運転事故。
殴る?→けんかか
銀座時計台が壊れる→首都直下地震

 解読します。今回、細かく書きます。2年前に作られたのに、最近のものと比べてまったく見劣りしません。むしろ詳しいです。
初日、近所の公園で男に自転車にぶつかりそうになります。その日に、伊丹で交通事故です。高槻で女性の列車の飛び込みです。私が寝ている間にやられます。
2日、電子レンジの操作ミス。地震はイラン、鳥取ときます。嵐があります。福島で大きな地震です。睡眠中の被害。
3日、倉庫で火災。ボクシングの試合でハプニング。
4日、熊本、そして、バンダ海で地震です。夜に女性が刺されます。
5日、イエスの子が運転で… 飛ぶ男。けんかに首都直下です。

 これで、イベントの日までわかりました。福島地震は3/25です。首都直下が3日後というのがあってました。ここまで細かくわかったら、はずしようがありませんね。
posted by たすく at 08:52| Comment(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください