2019年11月07日

宮城県鮎川の潮汐でわかった。11月のやばい日。福島大地震の15日は何の日?

 スーパームーンの日に大地震とよくききます。私は大地震の潮汐を調べました。すると大地震の9割は潮汐の特異日に発生することがみえました。それは満潮や干潮の翌日などです。

宮城県鮎川の潮汐(気象庁)
tide20191106.png

11/9 干潮のピークすぎ
11/15-17 大潮すぎ
11/19-24 満潮のあがりはじめなど
11/28-29 大潮すぎ

 今月はそんなに多くありません。大潮が2回あります。こんの中で最も潮汐トリガーが強くなるのは、満月あとの大潮すぎの15-16日です。新月のトリガーは満月よりやや弱いです。福島大地震の11/15は大潮でした。やばい日でした。
posted by たすく at 09:33| Comment(0) | 潮汐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

青森県八戸の潮汐でわかった。10月の大地震はいつやばい?

スーパームーンに大地震がくるという噂があります。私が調べると大地震の9割は潮汐の特異日にくることがわかりました。それは潮汐のピークすぎなどです。10月に大地震が危惧されます。どの日に潮汐トリガーが発動するでしょうか?

tide20190930.png

 10月の特異日は半分ほどでした。
1日 満潮の変化
3日 大潮すぎ
6-9日第2満潮すぎ、満潮のあがりはじめなど
11,13日第2干潮のピークすぎ
16-19日大潮の前後
23-24,26日満潮のあがりはじめなど
27-28日第2干潮すぎ
31日大潮前後

 多いです。この中で地震が強くなるのは長いあいだ同じ潮位を保った後で、10/13日、10/27日です。透視では10/23-26日に八戸を強い地震が襲うと予知しましたが、10/26日頃がやばそうです。
posted by たすく at 09:16| Comment(0) | 潮汐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

宮城県鮎川の潮汐でわかった。8月のやばい日。小笠原諸島で8月末に地震!?

 スーパームーンの日に大地震とか、新月に妊娠しやすいとか。月には不思議な力があります。私は大地震の9割が潮汐の特異日にくることをつきとめました。8月、その日とは…

tide20190801.png
(気象庁)


ずばり。特異日は多いです。
8/1-8/2 大潮すぎ
8/6-7 干潮が下がりはじめ
8/9-8/12 満潮が上がりはじめ
8/15 大潮過ぎ
8/21 干潮の下がりはじめ
8/24-8/27 満潮のあがりはじめ
8/30 干潮のあがりはじめ

 この中で地震が最も強くなるのは8/12と8/27です。同じ潮位が続いてから変化する時は強い地震がきやすいです。あとは大潮過ぎの8/2, 8/16も強くなりやすいです。

気をつけましょう。

8月の日本-5大地震
8/13-15 M5-6 宮城県沖、8/16 M4-5 長野、8/26-30 M5 岩手、8/31 M6 小笠原諸島、8/31 M4-5.2 宮崎です。大きい順に小笠原諸島、宮城県、長野、岩手、宮崎です。宮城と岩手は、最も地震が強くなる時期ですね。どうなるでしょうか。
posted by たすく at 09:28| Comment(0) | 潮汐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

北海道苫小牧の潮汐でわかった。胆振地方がやばいのは7月18日頃だ!?

 満月の日に地震がくるだの、スーパームーンは怖いだの風評が入り乱れる世の中。私がすっきり解決します。私が調べると大地震の9割は潮汐の特異日に発生しました。特異日とは、大潮のピークすぎなどです。

7月のそれはいつでしょうか。今回は、7/20前後にやや強いのがくると予想した胆振地方にもっとも近い苫小牧東の潮汐を見ます。

tide20190702.png

7/3-6 大潮前後
7/8-12 満潮があがりはじめ、干潮がさがりはじめる
7/16-19 大潮の前後
7/24 満潮のあがりはじめ
7/25-27 満潮のあがりはじめ、干潮のさがりはじめ
7/30 第2満潮のさがりはじめ

 今月はほとんどの日が特異日に入ります。何もないのは7/13-14、7/20-21くらいです。7/20頃は7/18-19の大潮ピークすぎが強い潮汐の曲がり角です。もしくは7/23にそれまで第2満潮は5-7日同じ潮位だったのが、あがりはじます。こちらのほうが強い地震が起きやすい日です。

 さて、過去の胆振地震をみます。最初の地震(2018/9/6)は満潮だけあがりはじめ、第2干潮がさがりはじめる日(下弦の月の三日後)でした。余震(2018/10/5 M5.2)は満潮のあがりはじめでした。やや大きい余震(2019/2/21 M5.8)は満月の翌日でした。大潮の1日後です。胆振の余震は、満潮があがるかさがる日に多いようです。
 仮説ですが、この断層は東北-南西のラインです。緯度が高いです。それを自転させます。大潮の影響を受けやすいです。それはずばり7/18です。その頃に用心しましょう。
posted by たすく at 09:08| Comment(0) | 潮汐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

皇后の潮汐でわかった。なぜ6月29日に熊本地震か?

大潮の前後は大地震。スーパームーンは人を狂わせるなど月にまつわる噂はたえません。私は調べました。大地震の9割は潮汐の特異日に発生します。それは干潮、満潮のピークすぎです。

 熊本地震が迫ります。その近くの外海、長崎市古瀬戸町の皇后の潮汐(気象庁)をチェックしました。6/10は上弦の月, 6/17 満月, 6/25 下弦の月です。6月の潮汐の特異日はいつでしょう。

tide20190608.png

6/10-12 満潮のあがりはじめなど
6/15 第1と2の満潮の入れ替わり
6/17-19 満潮ピークすぎ
6/24-29 満潮のあがりはじめなど
6/29 第2干潮の下がりはじめ
6/31 第1と2の満潮の入れ替わり

この中で最もやばいのは、6/28-29です。5-6日同じ高さの潮位が変わるときに大きな地震が起きやすいです。それは唯一、6/28-29です。熊本以外でやばいのは、満月すぎの6/18でしょうか。第1満潮と2が入れかわる6/15-16が強くなりそうです。

皇后といっても、皇族ではありません。長崎市の地名です。この際、覚えましょう。
posted by たすく at 10:44| Comment(0) | 潮汐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

宮城県鮎川の潮汐でわかった。5月のやばい日!!

 スーパームーンには大地震が起きると噂されます。本当なのでしょうか? 私は大地震が起きた日の潮汐を調べました。すると9割は潮汐の特異日でした。それは満潮の翌日などです。今月はどの日がやばいでしょうか?

 5月の特異日は以下です。5/12は上限の月、5/19は満月です。

tide20190510.png
気象庁の潮汐

5/12-13 満潮のあがりはじめ
5/15-16 干潮のさがりはじめ
5/20-21 大潮すぎ

 この中で一番やばそうなのは、5/20-21です。満月の後です。5/16から第二満潮がほぼ同じ高さで、下がる日だからです。これから気をつけましょう。
posted by たすく at 17:24| Comment(0) | 潮汐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

宮城県鮎川の潮汐でわかった。4月~GWのやばい日!!

 スーパームーンで大地震になるだの、今年はスーパームーンが多いだの言われます。私は独自に調査して、世界の大地震の9割が潮汐の特異日にくることを発見しました。それは満潮すぎ、大潮の後などです。

 4月からGWはいつそれにあたるでしょう? 4/27は下弦の月、5/5は新月です。

tide20190422.png
(気象庁の潮位より)

4/22-23 大潮すぎ
4/27-30 満潮がもっとも下がる頃
5/2 干潮が下がりはじめ
5/7-9 大潮の前後

 この期間は特異日が少ないです。大潮が2回あります。しかし、私が注目するのは、潮位が数日ほぼ高さになり、それが動いたタイミングです。それは、5/2です。日本ではGW中の5/2 木曜日がもっともやばそうです。スマトラの大地震は4/24 午前とみてますが、ぎりぎり特異な時間です。
posted by たすく at 09:12| Comment(0) | 潮汐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

苫小牧東の潮汐でわかった。4月前半のやばい日!! 4/18に胆振地震はあるか?

 スーパームーンに大地震がくるとか、海外にきてもあまり意味ありませんよね。本当はいつ日本に地震がくるのですか? 大地震の9割は潮汐の特異日に発生します。それは、満潮ピークすぎなどです。潮汐を解き明かして、日本の地震だけがきやすい日をいつかつきとめられるのではないかと考えております。

 北海道の胆振地方で活発です。今回は、そこから近い苫小牧東港の潮汐をチェックしました。4/5 新月、4/13 上弦の月、4/20 満月です。

tide20190405.png
(気象庁の潮汐より)

4/6 - 干潮が下がり始める日
4/8-11 - 満潮や干潮のピークすぎ
4/14-15 - 満潮があがりはじめる日など
4/17 - 干潮があがりはじめる日
4/19 - 干潮がさがりはじめる日

 この中で一番やばいのは、ずばり4/10です。潮位が長く変化しなかったあとに大きな地震がきやすいです。4/4から満潮が高かったのですがやっと下がるからです。次は4/19です。干潮がずっと同じ位置でしたが、下がり始める日だからです。
 さて、私は胆振地震を4/18に予知してますが、特異日なので発生しうるとみます。非特異日という可能性がゼロではありませんでした。確率のほうはなんともいえません。
posted by たすく at 21:27| Comment(0) | 潮汐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

本当に3/26-27に震災くるの? 潮汐で確認したら…意外なことが判明

 スーパームーンに大地震がくるだの、月の引力が地震のトリガーになるだの、月が地震を起こしているだの言われます。大方間違いではありません。月があんなに巨大でなかったら、マントルの潮流があまりなく、山がない、平坦で生物多用性(多様でないと多用にならない)もなく、退屈な星だったでしょう。地震もほとんどありません。地震が多すぎるのは月のせいです。

 大地震の9割は潮汐の特異日に発生します。それはいつでしょう。3/26-27はやばいのでしょうか?

 宮城県鮎川です。震源に最も近い観測点です。3/28は下限の月、4/5は新月です。

tide20190321.png
(気象庁より)

 特異日はほとんどでした。4/1からはあまりありません。
3/22-24 満潮ピークすぎ
3/25-26 干潮と満潮のピークすぎ
3/28-3/31 干潮の下がりはじめ、満潮のあがりはじめ
4/4 干潮のあがりはじめ

 この中で一番やばいのは3/26です。確か5日ほど満潮位が高く、ほぼ同じで、それが変化する時だからです。このタイミングで大きな地震が発生しやすいです。震災危機の3/26の夜半から3/27は何もないです。
 あれ、困りました。予想は3/26でしたが、3/25のほうがやばかったです。意外でした。不都合な真実です。

 参考までに、311は同じように前6日間は満潮位が高くて、ほぼ同じです。前日が潮汐の特異日で、3/11はそうではありません。この3月末で、311とより状況が似るのは実は、3/26です。311と同じ災がくるなら、3/26です。都合のよい真実です。

 以上
posted by たすく at 09:30| Comment(0) | 潮汐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

宮城県鮎川の潮汐でわかった。3月前半のやばい日!!

 スーパームーンに大地震がくるだの、新月のほうが危ないだの噂が駆け巡ります。私は過去の大地震の9割が潮汐の特異日にくることを調べ上げました。それは満潮や干潮のピークすぎなどです。

3月、それはいつでしょうか。3/7は新月、3/14は上弦の月です。
tide20190302.png

3/2 満潮があがりはじめる時
3/8 大潮
3/10-11 満潮があがり、干潮が下がりはじめる日
3/14-15 カンチョウが下がりはじめる日。
3/17-18 満潮があがり始める日

 この中で一番やばいのは、3/10-11です。高い潮位がかわらなかったあとに変化する時に、強い地震が起きやすいです。用心しましょう。
posted by たすく at 10:44| Comment(0) | 潮汐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

岩手県釜石の潮汐でわかった。スーパームーンの2月20日の翌日がやばい!?

満月の日には大地震がくるだの、犯罪が増えるのだの騒がれます。月は地球に大きな影響を与えます。私は潮汐がどんな日に大地震がくるかを調べました。すると、9割は潮汐の特異日にくることがわかりました。2月のそれはいつでしょうか?

 2月は岩手県沖の三陸沖でM6.5ほどを予知します。そこから近く釜石を攻略します。気象庁の予測をもとに分析します。

tide20190208.png

2/13は上限の月、2/20は満月、2/26は下弦の月です。

特異日は
2/10-17 - 2/12に干潮が下がりはじめます。
2/20-21 - 2/20は満月で満潮と干潮のピークすぎです。 
2/23-28 - 干潮のあがりが止まります。

2月はほとんど特異日です。平穏な日のほうが少ないです。危ない期間が長すぎて、あまりよい指標ではありませんでした。釜石はわかりにくいです。2月20日はスーパームーンです。月が最大になるのは0時54分頃です。
 もっとも地震が強くなりそうなのは、今回は満月の過ぎの2/21です。もう一つは、満潮が23-25まで横ばいしたあと下がった頃で、2/25です。2/21はイタリア地震。2/24は岩手県沖を透視で私は予知してます。それは潮汐からも、危険日でした。
posted by たすく at 09:34| Comment(0) | 潮汐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

静岡県の内浦の潮汐でわかった。12-1月のやばい日。正月も不安!!

 満月の日に大地震とか、新月の翌日には地震がくると騒がれます。私はその真実を確かめました。大地震の9割は潮汐の特異日に発生することがわかりました。それは満潮や干潮のピークすぎなどです。

 12月から来年1月の特異日は?

tide20181225.png

12/27-28 第2干潮の下がりはじめ
12/31-1/1 干潮の下がりはじめ
1/3-5 第2満潮や第2干潮の特異日
1/7-8 満潮と干潮のピークすぎ(大潮すぎ)

 特徴は1/9-14まで長い期間にないことです。もっともやばいのは1/7の大潮すぎです。正月も危険日で不吉です。12/27から1/8まで、おだやかではありません。が、1/8に大阪の小学校が始まると、1/14まで1週間は安泰です。
posted by たすく at 22:39| Comment(0) | 潮汐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

神奈川県の小田原の潮汐でわかった。11月半ばの山梨がやばい日

 新月に大地震がくるだの、大潮は津波が高くなるだの、月の満ち欠けが心配の種です。私は独自に検証して、大地震の来る日を調べました。すると9割は潮汐の特異日にきてました。それは、干潮と満潮のピークすぎなどです。

 11月半ばから末日までいつ危険でしょう。今回は、11/20に大地震を予知する山梨県南東部に近い、神奈川県小田原の潮汐からです。11/15は上限の月、11/23は満月、11/30は下弦の月です。

 tide20181112.png

 今月は特異日が多いです。
11/14 第1満潮と第2満潮の入れ替わり
11/15-17 満潮のあがりはじめ
11/18-20 干潮のさがりはじめ
11/22 第1満潮と第2満潮の入れ替わり
11/24-26 干潮と満潮のピークすぎ
11/29前後 第2満潮のさがりはじめ

 山梨大地震を危惧する11/20は午前が潮汐の特異時間でした。この期間でもっとも地殻の歪が大きくなるのは、11/26の干満潮のピークすぎです。潮位を気にする方は、その頃に用心しましょう。
posted by たすく at 09:06| Comment(0) | 潮汐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

宮城県鮎川の潮汐からわかった。10月のやばい日!!

 満月や新月は大地震が発生するといわれます。私が独自に調べると、大地震の9割は潮汐の特異日に発生しました。それは満干潮のピークすぎなどです。

10月はいつやばいでしょうか? 10/9 新月、10/17 上弦の月、10/25 満月です。宮城県鮎川の潮汐からみえてきました。

tide2018112.png

10月は9月ほど特異日が多くありません。
10/12-14 満干潮のピークすぎ
10/17-20 満潮あがりと干潮下がりのはじめ
10/23 第2干潮のあがりはじめ
10/25-28 第1と2の満潮の入れ替わりと満干ピークすぎ

一番やばそうなのは、10/28です。東北-首都の震災は予想の10/25 午後10時は第1と第2満潮が入れ替わる時です。満月の終わり頃です。震災を生き延びましょう。
posted by たすく at 20:07| Comment(0) | 潮汐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

『宮城県鮎川のあれでわかった。首都直下地震の予想日がやばい理由 - 上限の月すぎだから。』

 新月の日に大地震が増えると言われます。私は独自に、大地震が起きる日を調べました。その9割は潮汐の特異日でした。
 特異日とは満干潮のピークすぎ。第1と第2のそれ。それが入れ替わる時などです。9/17 上弦の月、9/25満月、10/2 上弦の月。

 9-10月の潮汐の特異日はいつでしょう。
tide20180917.png
気象庁の潮汐より

 ほとんどです。ふつうは5-6割くらいですが、今月は多いです。
9/19-20 干潮が下がりはじめ
9/24-10/1 干潮や満潮が混みあいます
10/4-8 満潮のあがりはじめ、干潮のさがりはじめなど

 この中で一番やばそうなのが、9/25の満月すぎの9/26-27です。震災予想日の10/5-6はなんの変哲もない特異日です。
 首都直下の予想日の10/5がやばいのは、下弦の月を3日すぎた時だからです。
 実は前回、9/3の下限の月を3日すぎた9/6から新月の9/10まで、太平洋南西で大地震が連発しました。9/6 M7.8 フィジーを皮ぎりに、9/9-10にはソロモン諸島やニューカレドニア、NZでM6後半がありました。それは恐ろしいほどでした。
 
 そんな危険な時がまたやってくるのが、次の下弦の月10/2の3日すぎの10/5からです。前回の9/6-10の大地震シーズンと同じ月の満ち欠けです。太平洋の西側(日本も含みます)では、強い地震の確率があがるのではないかと思っています。
posted by たすく at 09:15| Comment(0) | 潮汐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする